育毛シャンプー Dr nature シャンプーの選び方 その1 - くしろ発特種情報発信

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク livedoorクリップ Facebook Twitter

育毛シャンプー Dr nature シャンプーの選び方 その1

シャンプーの選び方 その1

こんにちは (^-^*)/コンチャ!

前回は Q & A 集のお話をしましたネ!

今回は 【自分に合ったシャンプーの選び方】を2編に分けて、お話します。

【シャンプーは、ヘアケアの第一歩

自分に合ったものを、髪の毛だけでなく、
地肌と毛穴を清潔に保つことが薄毛対策には重要です。

しかし、シャンプーは星の数ほど出回っていて、
どれが自分に合うのか、探し出すのは至難の業ですよね!。

そこで薄毛に悩む人のために自分に合ったシャンプー、
髪の健康に良いシャンプーの選び方を考えてみることにしましょう。

【シャンプーの基本7要素】

髪と頭皮に直接影響するシャンプーに求められる要素を
挙げてったらキリがないので、基本的にこれだけは押さえておけという
7 つの基本要素があります。

1.洗浄力  
 汚れをどれだけ落とせるか。シャンプーとして、
  基本中の基本がコレです。

 ただし洗浄力が強力すぎると、髪や頭皮を傷めます。
 汚れをしっかりと落とし、
  油分を除去しすぎないものが理想ですネ!。

2.pH
 アルカリ性か酸性かを表す単位で、ペーハーと読み、
 髪や皮膚と同じpH値5〜6の、弱酸性のものが
 良いとされています。

3.安全性
 あらためていうまでもなく、無添加に近いほど安全。
 表示指定成分(※)が少なければ、
  無添加に近いということです。

4. 泡立ち
 泡立ちが良ければ髪を摩擦から守ることができ、
 健やかな髪のためには
 プラスになります。

5.殺菌力
 汚れを落とす成分のほかに、頭皮や髪に
  付着した雑菌を殺す効果があればベター。

6.品質持続性
 高温多湿から冷温乾燥へと、環境の変化が激しい
 浴室に放置しても、品質の変化や雑菌類が
 繁殖しにくいなど、品質を長く保持できることが
 求められる。

  現代の技術レベルでは使用期間中に雑菌類が繁殖することは
  まずあり得ないが、どんな状況で長時間放置しても
  不ぐあいが発生しないことが望まれます。

7. 感覚的な「プラスα」
  リラックスできるやさしい香りや色など、
  使う人がプラスαの何かを感じられるものが理想。

※:昭和40 年代に当時の厚生省が、アレルギー等を
引き起こす恐れのある成分として指定した成分。
それらを配合している製品は容器に表示することが
義務づけられている。

容器の成分表示の欄に「プロピレングリコール」
「パラベン」「安息香酸」などと表示されているのが
それにあたり、これらが入ってない物を無添加製品と呼ぶ。



次回 【自分に合ったシャンプーの選び方】 
2編目にご期待ください。σ(@゚ー゚@)ヨロシクネ♪


お勧めは 育毛シャンプー Dr nature


FC2ブログランキングに参加しました。
ポチッと一押しお願いします。

スポンサーサイト
はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク livedoorクリップ Facebook Twitter
-----------------------------------------------------------------------
いつも応援ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
クリックしていただくと「ポイント」が加算されて「ランキング順位」が上がります。
できるだけ多くの方に僕のブログを知って頂きたいのでクリックをお願い致します。
  ⇒  FC2Blog Ranking

-----------------------------------------------------------------------
コメント
非公開コメント

いつも応援ありがとうございます。
ぽちっと一押しお願いします。

FC2Blog Ranking

トラックバック

http://gsuon3.blog.fc2.com/tb.php/21-b794d282

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。